沖縄県ユネスコ協会

未来遺産

ユネスコ未来遺産推進活動

未来遺産運動とは、100年後の子どもたちに長い歴史と伝統のもとで豊かに培われてきた地域の文化・自然遺産を伝えるための運動です。長い歴史を超えて人々が紡ぎ続けてきた文化遺産や、自然とともに生きる知恵や工夫の中でつくりあげてきた自然遺産という豊かな贈り物に光を当て、それらを未来に伝えていこうという人々の意欲を活性化させることによって時代を切り拓いていくことを目的としています。

 

「第1回プロジェクト未来遺産」で全国32都道府県50プロジェクトの中から10プロジェクトのうちの1つに現代版組踊「肝高(きむたか)の阿麻和利(あまわり)」と「キムタカのマチづくり」が選ばれました。

 

amawari

 

団体名:あまわり浪漫の会
場所:沖縄県うるま市
“ミュージカル「肝高の阿麻和利」の舞台づくりを通じて、子どもたちが郷土の歴史と伝統文化を学び、子どもと大人が協働して舞台を創り上げる連帯感の中、未来へつながる心豊かなマチづくりを目指します。”

お問い合わせ

こちらのメールアドレスまでご連絡ください。
メールアドレスのお間違えにご注意ください。

月~金 10:00〜17:00

入会のご案内

入会案内ページへ 一人ひとりが、明日のために。

平和で持続可能な社会を目指してユネスコ活動に御協力をいただいている団体会員の皆さま

(順不同)